その他

手指と足裏のイボがなかなか治らないので抗がん剤の軟膏を使い始めた話。

こんにちはふたそです!

今日は子育ての話題とはあまり関係のない話題になってしまうのですが…

このブログをごらんになっている皆さんはイボが手足に出来たことがあるでしょうか??

イボは医学用語的には「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」というらしいのですが…

とにかく手とか足とかにできるぶつぶつしたアレです。

2015年の4月ごろ。
右手中指の爪のキワになにやらガサガサぶつぶつしたものを発見した私…

なんとなく押してみると…痛い?!

何だこれは何だこれは…とりあえずググるとどうやらイボらしい…

皮膚科に行ってみることに。

その日から液体窒素での治療を始めたのですがこれが痛い痛い。
爪のキワの神経が集中しているところだったからってのもあるんでしょうけどもえらい痛い。

その初診の時の話はこちらに詳しく書いています。
http://nananyaso.blog25.fc2.com/blog-entry-512.html

それから皮膚科通いの日々が始まり…

妊娠・出産を経て、おおよそ1年くらい皮膚科にいけなかった時期があったのですが、
また皮膚科に通い始めたのは2017年の11月。(育休中はなかなか行けるチャンスがなくて…)

頑張って1年通いましたが、、、

コンスタントに日をあけず(あけても2週間とか。)頑張って通っても通ってもなくならないイボ。

液体窒素での治療があまりに痛いのでロキソニンを毎回処方してもらっていたら。
(飲んでもちょっとマシになるかな?程度。そのくらいの激痛。)

先生に
「どうです?このあたりで軟膏塗るの試してみませんか?」
「軟膏の種類は2種類あって、一つは皮膚がんに使う抗がん剤の軟膏。もうひとつは性病に使う軟膏。」
「皮膚がんに使う方の薬は効き目がある人が多いんですが、保険を通して皮膚がんに使うとして処方してしまうと今後任意保険に入る時に非常に不利になる。
だから自費になってしまいます。1本3千円強する。」
「性病の薬の方は皮膚がんに使う薬よりは効果が低いんだけど、保険が効く。
ただ、処方箋には性病の項目でかかれるからそれが嫌じゃなければ…」
「軟膏塗ると若干刺激感はあったりすることもあるけど、液体窒素での治療に比べたら痛くないと思うよ」

じつは以前、尋常性乾癬用の軟膏である「オキサロール」を頂いてしばらく塗ってた時期があるんですが、
面倒くさくてフェードアウト…
効くかどうかもイマイチ定かでなかったし…

ちなみにイボにこうかあるとされるヨクイニンの服用もずっとやってますが、
全然効果がないように(私は)感じる…

一度目、それを言われた時は正直お金がなかったので保留にしてたのですが、
先生に2度勧められたのでようやく本腰でやってみる気になった…といった感じです。

自分にしては毎日きちんと(たまにさぼっちゃったり寝落ちして夜塗れないで寝ちゃうこともありますが…)塗ってます。

ちなみに一本3千円強するといわれましたが、1800円くらいでした…
自費なので、薬局によって違うのかな~?金額が…

軟膏使うといったら先生が症例の載った本を持ってきて説明してくれたのはいいんですが、
その写真のグロいことと言ったら…

やめてー!ぐろい!ぐろい!!

私は一旦、性病の薬で様子をみようかと思ったんですが、
説明されたのは抗がん剤の方のくすりでした。

ちなみに抗がん剤の薬の名前は「5-FU軟膏」と言います。
白い軟膏です。

「フルオロウラシル軟膏」「抗腫瘍外用剤」と書いてあります。

これで本当に効果があるのか…

何年も何年も頑張って皮膚科に通ったのが報われる時がくるのか??

とりあえずしばらく使い続けて様子をみたいと思います!

ブログランキングに参加しています!ポチッとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です